♪ 大江千里  納涼千里天国2006

@ 日比谷野外大音楽堂
2006/8/5(土)

久々行ってまいりました。「納涼千里天国」・・・毎年恒例の夏の野外ライブ。

ここ数年、納涼には参加できず過ぎてきましたが
今年は運良く近場でしかもお休みの日にあたり、ラッキー。
(もしお休みでなくても職場から近かったのでどちらにしても行けたのですが)
ただチケットをとるのを忘れていたので(^^;)当日券で参加。
これはこれで、私の好きな後ろの席になるのでいいのです。問題はありませんっ。

天気は快晴。

昼の日比谷の気温。34℃・・・・大丈夫かいな?!

まぁ、昨年の真昼の台場に比べたら(参加セズ)
18:00開演の今回は、おそらく涼しいのでは・・・

ちなみに私の「ものすごく暑かった」ライブは
2004年の納涼千里天国in大阪城野外音楽堂でした。
これは15:00開演だったかで、あまりに炎天下、
風もなく、はじまるまで席につけないくらい暑かった。
みんな後ろの木陰にいたもん。
はじまってからもみんなダル~ってなってた(笑)
あのときは私ひとりどろどろになってましたな。
着ていった千里Tシャツが古くてなんかくさくて(^^;)
グッズのTシャツを即購入即着替えした思い出も。



はてさて今年はどうなのか・・・最近はライブというてもあんまり構えなくなったな・・・


まだ少し陽が高い夕暮れの中、日比谷駅を降りて
日比谷公園をつっきる。
もわ~っと暑い空気をかきわけるように歩く。
噴水の涼しい様子に少しだけ癒やされつつ、
レストラン松本楼が見えてくる。
頭にうかぶ「昼グリル」のメロディー。
・・・やってほしい一曲だな。

日比谷の野音の思い出は、学生時代に
チケットがとれなかったにもかかわらず
どうしても野外の千里さんのステージが聴きたくなり
横の図書館?脇で何か本でも読みながら
もれてくる音を聴いたことかな。暗い・・・・・・。

こんなことを心で反芻しているとすぐに到着。
当日券を求め、会場の中へ・・・。
グッズ売り場の長蛇の列を横目に席へと移動。

浴衣の男女もちらほら。女性は圧倒的に肩を出した服や
シースルーのカットソーなど。涼しそう。
年齢はついに30代メインになりましたな・・・・・。自分含む。
そして子供連れ多し。みんなカキ氷もってね(笑)。
みんな席に着くと、うちわや扇子であおぐもんだから
会場全体がちらちらっとしている。どこかから虫除けスプレーの匂いも。

メンバーが出てきてもなんだかざわついている。
野外ってこんなよね。いつも。球場のころはもう少し切り替わりがはっきりしていたかな。
ダンサーも出てきて、さぁあとは大江千里・・あ、もう出てきた。
あれ、なんか拍手がばらばらだぁ。暑さで元気が(笑)ない。
蝉しぐれのほうが元気かも。私もなんとなくゆっくりたちあがる。

「回転ちがいの夏休み」「夏の決心」「COWBOY BLUES 」
いつもよりは(これまでより)ゆっくりなテンポのアレンジ。
だるーっとした雰囲気にも合う。まだ夕方の熱気がもわんもわんしている。
席のまわりに余裕があったので思う存分ノリまくる・・・私。齢30歳。いやん。

今回の納涼のテーマは”都会のなかの海”なんだそう。だから
照明も青や緑で、泳ぐ感じのメンバー登場、メンバーの水色の衣装、なのね。

えーっと、ここからは曲順とかはっきりと覚えてないですけど・・・
このあと、「うぶげのきもち」のほんわかした感じに身を任せ
私の大好きな一曲「夏の指輪」は疾走感こそないけれども、重ためのアレンジがかっこいい。

他には定番の「未来乗車券」こちらもノリノリというよりは
ドドンパっぽいリズム(あのリズムってなんだっけ)のゆったりめアレンジ。
「十人十色」もゆったりめ。なんかレゲエっぽい。テンポが。

MC少なめでどんどん曲にいく。どうやらお尻の時間が決まっているっぽい。

アコースティック編成に転換。
「昼グリル」絶対やってほしかった。ヤマキョーさんのアコーディオンの音色がいい。
歌詞がぐっと心にくる。久しぶりに聞いたけど深い。
「夏渡し」ちょっとぼーっとしながら聴く。空を仰いだりしながら。
半分の月が向こうのビルにかかって見えている。あー、いい風。
「ジブンノバショ」可愛い歌だ。ここではヤマキョーさんのKey.と千里さんのエレピで。

すっかり暮れてきた日比谷。先の編成にまた転換。

アルバム”home at last ~Senri Sings Senri~”のアレンジを生かした、「太陽がいっぱい」。
藍色の空にはりあげる歌詞がぐーっと心に染み入る。こんなにじっとりとしたアレンジなのに
ぐいぐいもってかれる感じ、いいんでは!

「野球の夏」これは原曲に近かったな、ノリノリ。
「Summer Valentine 」ここで特効があった。周りのコドモたちがはしゃいでて楽しかった。
曲ほとんどBGM状態(笑)お色直しサプライズもあったのに、みんな長風船ばっかり。
「ハワイへ行きたい」ボッサな感じ。

後半終わって、アンコール。
「おねがい天国」「YOU」「エールをおくろう」・・・どれもいつものノリで
これでもかーこれでもかーと振りを踊りまくる。周りのコドモたちも踊りまくる!こりゃ楽しいぞ!
あ、あと前半から見事に揺れまくっているカップルがいて
オシャレ帽子かぶって、なんともいい感じ。きょうの私のなかでのベストカップル賞!!
私も心置きなくノレたのは、そういう周りにも助けられている。(雰囲気ってあるじゃん)

あ、そうそう、「YOU」の歌詞にもぐっときたな。
感じる心はなくしちゃあかんのな。そうだそうだ。うん。
「エールをおくろう」も普段はそーんなに感動の歌詞ではないんだけど
今回は今の精神状態にシンクロしていてよーし頑張ろうとか思っちゃったもん。
歌のチカラ、強し。

後半になるにつれて(「太陽がいっぱい」辺りからかな)ベースが体に心地よく響き出して
からだ全体で聴いている状態に。

二度目のアンコール。
星が見えるかな、見えてない?見えるかな・・・
(実際は私の位置からはひとつだけ見えていた)
「星空に歩けば」
これも節目節目に聴くけれど、なにげない歌だけどほんとにいい歌だなぁ。


21:00撤収の約束なんだそうで、
ここらで終わり・・・・。

三度目のアンコール・・・
これはもう千里さんの弾き語りで「ペルセウス座流星群」
なんともいえない詞の内容。
夜の闇。
惹(ひ)きこまれました。

そしたら、動いたあとに急にじーっと立ちすくんだまま聴いていたので
終わって千里さんを見送ったら
具合が悪くなってました(^^;)
さっさとこの会場を出ないと混む!と思って
急いで出たら、歩いても歩いても全然その具合の悪さが治らない。
軽い貧血?熱中症?そんな感じの頭ぼーっとして熱くて・・・
地下鉄に乗ってようやく治りました。


あれ?変な終わり方!(笑)



千里さんがMCで「きょう!東京に夏がきました!」と叫んでいたのが
印象的でした。ほんとにそうだ。夏がやっときたなぁ。

ばてないようにまた、日々の生活頑張っていきますか!!!


あー、楽しかった♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さだぽ
2006年10月08日 13:01
こんにちは。千里さんのファンになったのは「これから」から。
ここ10年くらい千里さんから遠ざかっていたんですが、
育児(1才7ヶ月の娘)も落ち着き、ひさびさにCDを聞く程度。

コンサートには全然、行けてないので、レポはなんだか気分を
くすぐられる気分です!
webmaster:えいこ
2006年10月08日 20:10
>さだぽ様
コメントありがとうございます!
私は、「GLORY DAYS」「Slappy Joe(アルバム)」辺りからのファンです。
学生のころは納涼が楽しみで楽しみで・・・
やっぱり大人になるにつれて、ライブに行くことも少なくなりました。
でも、CDは出るたびに購入しているので
なんとか新しい音も聴いてはいます。でも、聴きなおすのは
学生のころによく聴いていたアルバムだったりしますね(^^)

さだぽ
2006年10月08日 21:35
>えいこ様
そうなんですよ。今の自分と同じくらいの千里熱の方とお話がしたくて
“パンダオレンヂブログ”にたどり着きました。
私は千里さんのCDを結婚の時に、全部BookOffに譲ってしまったんです。
今思えば、もったいないことをしたんですが、
あまりにも熱狂的だったので、自分の気持ちに区切りをつけようと。
たまに千里さんの話がしたい私でした。
自分勝手、コメントで失礼をしま~す!

この記事へのトラックバック