♪ 大江千里 まるごと千里ナイト!!~港町横浜篇

【修正:2007/12/9】
@ 大桟橋ホール(横浜)
2007/10/26(金)

なんとなく、チケットを買ってみた今回のライブ。
ファンクラブ向けのライブだという認識しかなくて
いつもチケットを取り損ねていて
今回、あとから滑り込みで一般で購入。

今年の納涼ライブについてのレポート日記を書かなかったので
(なぜかって?捻挫してそこから一ヶ月以上なんだか大変だったのだ)
ひさびさのレポ日記ですが
今回は、ちょっと思い入れのあるライブになってしまったので
おもいっきり書きます。



実はこの日朝まで大宮近辺にいました。
そこから家に戻ってきて、
夕方、ひとり横浜は山下公園そばの大桟橋へでかけました。

雨の横浜。

みなとみらい線ができて、ずいぶんとベイエリアに行くのに楽になったと思う。

雨とはいえ空気が澄んでいる。
ランドマークタワーを低い雲が覆い、そのそばの観覧車はいつもの輝き。
反対がわを見やれば、そこに静かに霞んでいるベイブリッジ、手前には
クリスマスのイルミネーションみたいな船の灯りと、存在感あふれるマリンタワー。
とても、綺麗。

もうすでに会場は開いている時刻。
夜の大桟橋は、雨のせいで人も少なく、暗く、濡れた板の感触だけが足に伝わる。

思ったより、遠い(笑)。

ようやく着いた場所は、そうだな、あ、オアシスだ!みたいな。
ここにこんな場所が!というような佇まい。
大きな体育館みたいなホールに急いで入る。
カーテンで仕切られたスペースに入ると、広い空間の一番奥に
ステージがあって、バックは海。
ステージには、エレピひとつ。
シンプル。


そっと登場。ピアノの前に座る。
はじまりはゆっくりと「GLORY DAYS」
この歌はよく聴くけど、いつ聴いても同じ印象じゃないから、好きだ。

「Boys&Girls」なんとなくライブの最後あたりのイメージだけど。
情景の浮かぶすてきな歌。

弾き語りの「REAL」はじんっとココロに染みる。

時折、後ろを船がきらきらー・・・と通る。それもまたよし。


「リップスティック・グラフティ」
これを今聴けるとは思わなくて、ちょっとびっくり。
海への港への憧れから千里さんが10代のときにかいた曲、だそうで、
そういわれれば、背伸びした歌詞だなぁ・・・なんて。
この港町篇でぜひ歌おうかと。
サビのラストで、メロディがそこだけぐっと高くなって声を張り上げる感じに
なるのだが、そこが、そこが今回は切なくたまらなくて
泣いてしまった。この歌への思い入れはそんなになくても。それでも
ただただ歌のチカラで泣いてしまった。
声とピアノがガシっとハマった瞬間・・・それはすごいパワーだ。
演奏の凄みというのを味わえるのがライブ。素晴らしい。

そのたまらなさを抱えたまま、
次の曲が「塩屋」・・・これも海の近くの歌だ。
この歌は映画を何度も見るような、そういう歌で、
みたこともない情景がここまでリアルに浮かぶ曲もそうそうない。
人のココロの機微がこんなふうに唄われると、きゅんとなります。
涙は止まったけど、この曲もいい。

まるごと、と銘打っているとおり、
千里さん自身を会場全体まるごと受け止めているかんじ。

ちょっと発表会(千里さんは”どこかの講習会ですか”と言っていたけど笑)チックな
ステージ上の千里さん。ただ、迫力はすごい。

天井が高く、反響もあって、ちょっと話し声は聴きづらいけど、それはまたそれ。
歌声に包まれているかんじになる。

「十人十色」では途中TM・美里っちゃん・佐野さんの歌をおりまぜて・・・。
演歌も歌ったり、(ここでみんながちゃんと表拍子で手拍子するなんざぁ一体感!)
新曲も披露。
読み聞かせ弾き語りの「うんとこしょどっこいしょ」も楽しくて
どこからかお子さんの声も聞こえてきてほのぼの。

きょうは、先ほどの「リップスティック・グラフティ」の余韻が常にあって
千里さんの歌のチカラにほんと圧倒されっぱなし。



そしてライブの後半。
今年の「納涼千里天国」のときにもなんとなく言っていたけど
(”僕”を考えている・・・的なことを言っていた気がする)
”勉強宣言”、されていました。
「今後、ライブをやるのが5年後になるか10年後になるかわからない」と
何度も言っていました。
きょとんとするファンのみんな。


どういうリアクションをしていいのか正直わかりませんでした。
だって、こんなにライブでココロを揺らすことができるのに、
今度はいつになるのかわからないだなんて・・・・
でも、この、ファンとつくりあげるライブは(ひとまず)完成形で
ここにずっと留まってしまっては、”ぬるま湯”なんだと。
だからイチから勉強して、さらなる”大江千里”目指して
このたび第一期終了なんだと。

そこで、私はこの会場が、一気に体育館の卒業式のように思えてきました。

第二期を期待していてね、とのことなので、
それを待つしかないのですね。






壊れたら、また、つくればいい。
問題は壊れることを恐れることだから。



と、鴻上尚史さんの著書(戯曲)「ピルグリム」(初期のほうの)の
あとがきにこんな感じのことが書いてあって、
それをラジオのパーソナリティーが番組で引用していたことを
思い出しました。
私のなかで、仕事でもなんでも、このコトバは大変な影響力があって、
確か、あとがきの最後には


僕は、ピルグリムの次のことを考えていた


的なことを書いていたような気がします。(うろ覚えの引用でごめんなさい)


これをあてはめていいのかわかりませんが、
千里さんの発言もなんとなくそういうことなんじゃないかと
思ったのです。

だから、最後に唄った「エールをおくろう」も
私たちにエールをおくったのではなくて
きっと未来にエールをおくったんじゃないかなって思ったのです。
音楽をやめるのではなく、”勉強しなおす”ってことは、
次のステップへと進んでまた新たな千里さんの音楽に触れることが
できるということで、だから寂しいけど”エールをおくろう”と思うのです。




弾き終えて、「やりきった」と清々しい千里さん。

腑に落ちないふうの、ファンのみんな。

でも「やりきった」と千里さん。

そうか、となんとか自分を納得させようと頑張る私たち。


さらっと袖に消えていった千里さん。
客電も点いているのに、手拍子をやめない私たち。
千里さんが困っちゃうこともわかっていて、ちょっとやめることができなかった。
場内アナウンスも流れて、何度も「ライブ終了」の声。
偶然だったけど、「今日のきみに贈る歌」が流れていて
みんなそれにあわせて手をたたく。
そして、それをそっと口ずさんで、らーらららららら、らーとアウトロのコーラスまで
唄う。
歌詞の”ここでこうして、きみと出会った”に、ぐっときてまた少し涙がでた。
BGMなのに、曲が終わったらみんな、拍手した。

次のBGM「本降りになったら 」を聴きながら会場をあとにした。

なんとなく雨が降り続けている、
横浜の相変わらず綺麗な夜景に見とれながら、
またこうして、寂しいけど大きな思い出が
横浜にできちゃったなぁ、と感慨にふけりつつ駅への道を、急いだ。




アリガトウ!ヨコハマ!!!!
ダケド・・・
セツナイゼ!ヨコハマ!!!!!






追記
-------------------------
今月末で、ファンクラブが解散になります。
その発表は、待っている身にちょっとツライお知らせでした。
永久欠番にしてもらえないのかなぁ・・・会員番号。
うう(泣)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

webmaster:えいこ
2007年10月28日 10:48
>鈴音さん
書き込みありがとうございます。
ファンクラブでの発表より先に詳しい話は
できないような感じだったので、ちょっと下書きよりも
文章を削ってます。だけど、想いは伝わったでしょうか。
余韻は私も、未だにあります。・・・
webmaster:えいこ
2007年10月29日 18:12
>鈴音さん
はい。了解しました。
みんなのプレイログを読んでいたらそういう気持ちのひとが多そうなので、
あの部分と鈴音さんのコメントは削っておきますね。
いつものレポのつもりで書きすぎてしまいました。
千里の森を読んでいなかったら、それすらも気がつかなかった気がします。
ごめんなさい。そして書き込みありがとうございました。
(ピルグリムのくだりは、私のどうしても書きたいことだったので 残しておいてもいいですか?・・・残させてください)
鈴音
2007年10月29日 20:23
えいこさん。
ありがとうございました。
いろいろ伝えたいことがありますが、言葉になりません。
ピルグリム。出会うことがあったら、必ず手にとって見たいと思います。
webmaster:えいこ
2007年10月30日 00:13
ピルグリム(第三舞台の戯曲)は
新バージョンなら今でもあるかもしれません。
私の持っているのは古いほうの戯曲で
古書にあるかないかって感じです。
これを番組で読み上げてくれたのは
ニッポン放送の上柳アナウンサーでした。
(もう18年くらい前のことです・・・)
ここにきて読んでくれて本当にありがとうございました。
では、また(^^)
みんみん♪
2007年10月30日 19:17
はじめまして。
突然ですがお礼がいいたくなりました。
大宮より若干北に住んでいる私は 
今回 ちょっと遠いし平日だからな
といった理由で参加しませんでした。
後日 ハプニング発言 を知り
ものすごく後悔していました。
でも、千里の森 から迷い込み
こちらのコメントを見て大感激!!
ライブの様子が目に浮かび
私も参加できたような気分になれました。
どうも ありがとうございます。
webmaster:えいこ
2007年10月31日 06:32
>みんみん♪さん
書き込みありがとうございます。
こちらこそ、感想をもらえて嬉しいです。
どちらかというと自分本位の書き方しかできないので
読んでもらえても、独りよがりなんじゃないかと、心配でした。
千里の森での「ハート」の皆さんのなかには、
その日の大桟橋付近の風景写真をUPしている方もいらっしゃいました。
そういったページと合わせて読んで頂いてもいいかもしれませんね♪
ここにきてくれて、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • ついに発表ですね

    Excerpt: 大江千里氏のブログ「千里の森」で 長期休業の発表がありました。 ファンクラブでの発表はもう少し前でしたが これで公の場での発表となったわけです。 Weblog: パンダオレンヂブログ racked: 2007-12-23 10:52