映画「ヘルタースケルター」


2012年7月16日(月)
観てきました。

話題のこの映画。
エッチなシーンばかりとりあげられていますが、
そんなことよりも
なんというか精神的にやられます。
で、なんとなく、主人公りりこ役が
それを演じた沢尻エリカとかぶります。
映像は鮮やかで、クラシックがそれを高めていて
生々しさじゃない、気持ちのリアルさみたいなものだけが
押し寄せてきます。

つくられた美しさでシアワセなのか、否か。

りりこの、
普通の女子みたいなリアクションも
他を圧倒する場面も
みんな女子が少なからず持っている成分だけど、
それがりりこであるがゆえの
孤独につながっていて

切ない。


エンディング前の
渋谷のスクランブルのシーンは
私にはガツンッとドハマりした
震えるシーン。


あと、とにかく
沢尻エリカの肢体は綺麗で
目の保養だし
ファッションや小物、部屋の内装、色や光のコントラストも美しくて
一瞬も目を離せない力が映画に
あふれていました。
そこは「さくらん」でもそうだったけど、蜷川監督独特の映像美でした。


あ、でも、
整形手術のアップのカットや
ラストあたりのりりこの行為(ネタばれになるから書けないけど)では
目をつぶっちゃった。
以前観た三池監督の映画「オーディション」を思い出してしまって……


キャストも見応えある役者さんばかりで、
ほんと映画館で観られてよかった。


んー、強いていうなら
衝撃のシーンだけは
もっと音楽のボリュームあってもよかったかな…
ただ映像にインパクトがあるからあれくらいのほうが
りりこの繊細な部分が出たって気もするからな…



強い女が主役なんだけど、
実はまわりみんなが強くて
りりこが一番弱いんじゃないかって思えてくるっていう、ね、、、



なかなか見応えがありました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック